無職が日常を語るブログ

11月から無職になる私は職業訓練校に受かりたい。

MENU

無職の食生活【ひじきの煮物】

以前作ったキャロット・ラぺを美味しく作ることができた私は調子に乗った。

kanoko-life.hatenablog.com

次は大好きなひじきの煮物を作ろうと思う。

私は貧血気味の体質なので鉄分の含まれているひじきを摂取したいと考えていた。

実家では当たり前のように母が作ってくれていたが

そう言えばどのようにして作るのかが分からない。

これは良い機会である。

自分で作ることができるようになれば大好きなひじきを毎日食べることができる。

 

ひじきの煮物

材料:

  • ひじき(乾燥):約30g
  • にんじん:1本(薄切り)
  • こんにゃく:1/2枚(薄切り)
  • しいたけ:数個(薄切り)
  • だし:500ml
  • しょうゆ:3〜4大さじ
  • みりん:2大さじ
  • 砂糖:1大さじ
  • 味醂:1大さじ
  • 酒:1大さじ
  • 青ねぎ(みじん切り):適量

お料理サイトで調べたのだが少しづつ準備する材料や分量が異なってくるので

チャットGPTに教えてもらった物を添付する。

『みりん』と『味醂』は同じ物では…

青ねぎをひじきに入れるのか…

チャットGPTにたいしてツッコミどころは多々あるので鵜呑みにしてはいけない。

ちなみに『みりん』と『味醂』が気になりすぎたので以下の質問してみた。

 

 

チャットGPTはちゃんと謝れる良い子である。

 

ひじきに戻ろう。

私は乾燥ひじきがスーパーの何コーナーに売っているのか分からない。

乾燥わかめと同じコーナーにあったので

私のように迷子になったら乾燥わかめを探すと良い。

 

実家は豆も入っていたので豆は絶対に入れよう。

何豆かは分からないので大豆を入れてみることにする。

チャットGPTが提案する、こんにゃく・しいたけ・青ネギは今回入れない。

青ネギは絶対に入れない。

乾燥ひじきである。

袋裏面を見ると『水で戻すと7~8倍に増えます。』と注意書きがある。

そうか、ひじきとはそんなに増殖する物なのかと

若干おののき水に30分程浸した。

砂が混ざっているかもしれないのでザルに通せと書いてあるが

我が家のザルの目が粗すぎてひじきが流れてしまう。

砂は食べたくないがひじきは食べたい。

ひじきまで流れ出るとは誤算であった。

ひじきを水で戻している30分間私はただ何もしなかったわけではない。

材料であるにんじんと油揚げを切っていた。

短冊切りのつもりであるがにんじんの切り方がなかなか怪しい。

油を敷き、にんじんを炒める。

お料理サイトにはゴマ油と書いていたが我が家にはオリーブオイルしか存在しない。

ひじきも入れ、炒める。

油揚げは油抜きをした方が良いのか…と思いながらそのまま炒めた。

大豆はどこで入れるか分からなかったのでこの辺りで入れてみた。

蒸し大豆を使用したのでまぁ大丈夫だろう。

 

その後、だし汁・醤油・砂糖・みりんをいれて煮詰め、

鍋に煮汁が少し残る程度まで煮詰めたら完成だ。

 

私は『だし汁』が何なのか分からなく困ってしまった。

どのレシピサイトを見ても『だし汁』と書いている。

『だし汁』の作り方を教えて欲しい。

煮干しや鰹節から抽出される物であることは分かる。

しかし家庭科の授業で味噌汁を作った以来『だし』など取ったことがない。

困ってしまう。

結論から言うと市販の顆粒・粉末タイプのだしの素を使えば問題ない。

私は実家からそれらしき物を持って来ていたので事なきを得た。

完成である。

めちゃくちゃ美味しい。

ひじきは冷蔵庫で1週間程度日持ちするそうなので

小腹が空いた時にいつでも食べられる。

冷凍も可能だそうで、職業訓練が始まったら

お弁当に入れて持って行こうと今からとても楽しみになった。