無職が日常を語るブログ

11月から無職になる私は職業訓練校に受かりたい。

MENU

無職の食生活【あったかスープ】

※このブログはプロモーション、アフィリエイトリンクが含まれています。

 

我が家からスーパーが徒歩5分の距離にある。

当初冷蔵庫を買わないでおこうかと迷ったのはこの為だ。

私は料理をする気が無かった。

半額の総菜を買えばいいや。

そう思っていたのだ。

 

地元に居た頃の話。

仕事が終わりスーパーに行くのが閉店1時間前であった。

その時間帯は半額の商品がたくさんある。

夕食は毎日200円~300円程度で済んでいた。

 

大阪に来た。

近所のスーパーは24時間営業であった。

弁当が半額になることがほとんどない。

20%オフが限界のようで

400円の弁当だとすると割引後は320円だ。

 

食費が高い。

毎日弁当では家計管理が詰んでしまう。

そう思いつつマクドナルドも近いので

大好きなマックグリドルを食べてしまった。

仕方がない。

ごはんを作ろう。

私は趣味で料理はするのだが

生活のための『ごはん』を作ったことがない。

 

最低限の調味料すら分からかったのでシャンタンを購入した。

シャンタンとは何か。

『本格がらスープのもと』である。

写真で紹介したかったので楽天市場のシャンタンを添付したが

送料分が高いのでそこら辺のスーパーに行って購入して欲しい。

 

チャーハンもスープも作れるとのことだ。

万能だなシャンタン。

買うしかない。

 

シャンタンで作る無職のスープレシピをお伝えする。

[材料]

オートミール

ぶなしめじ

・たまご

・シャンタン

・水

たまご以外の具材を鍋に入れ煮込む。

ぶなしめじはキノコなので菌が心配だ。

いまだにどの程度火を通せば良いのか分からないが

ひとり暮らしなので食中毒になってはいけない。

とりあえずよく火を通しておいて欲しい。

たまごはすぐに凝固するので最後に入れる。

ぶなしめじが問題なく加熱できたと思えば出来上がりだ。

ぶっちゃけ美味しい。

ぶなしめじはしっかり噛み応えもあるので満腹中枢も刺激されることであろう。

シャンタンをいつも適当に入れるため味が薄いが

上から足すことも可能だ。

濃い分にはどうしようもなくなるので薄めで作成して欲しい。

お湯で薄めればいいじゃん、な発想を無職はしてはいけない。

お湯を沸かすということは電気代を使うということだ。

無職はしてはいけない。

 

ぶなしめじはお好みの具材にすることも可能だ。

私は20%オフで購入したカット野菜を入れることもある。

カット野菜とキャベツの半玉のどちらを買う方が特であろうかと考えている。

値段的に半玉であろうなと薄々は気がついているが

カットする労力を考えると毎回カット野菜を購入してしまうのだ。

 

炭水化物はオートミール、タンパク質はたまご、食物繊維はキノコと

なかなか栄養的にも問題ないのではなかろうか。

調理時間は5分弱。電気代に優しい。